スタッフブログ|楽庵(らくあん)は出張専門のマッサージサロンです。

お花見シーズン到来!飲みすぎ&冷えすぎに効くツボを紹介

2018年03月28日

週の初めの月曜日(26日)、大阪では例年にない早さで桜が満開を迎えました。
お昼休みに外に出たときなどに、可憐に花ひらいた桜の木に見とれてしまう方も多いのではないでしょうか。
あるいは、「そろそろお花見の宴会だな!」とウキウキしている方もいらっしゃるでしょう。

今回は、特にウキウキ気分で桜を見上げている皆さんのために、お花見の宴会で役立つ“ツボ”をいくつか紹介します。

飲みすぎに効くツボ「健理三針区(けんりさんしんく)」

月明かりにほんのり桃色に浮かび上がる艶やかな夜桜の下、ブルーシートを敷いて盛り上がるお花見の宴会……しかし、ついつい浮かれて飲みすぎ、気分が悪くなってしまうこともあるでしょう。
そのようなときに効くのが、「健理三針区」という手のひらにあるツボです。
お酒を飲みすぎて気分が悪くなってしまうのは、アルコールの分解を担当する肝臓の働きが鈍ってしまうためですが、このツボを刺激することで肝機能をアップさせることができます。

健理三針区は、手のひらの真ん中から少し手首のほうに下がったあたりにあります。
親指の付け根がふくらんでいる部分のわき付近です。
飲みすぎで気分が悪いとき、また翌日二日酔いでスッキリしないときには、両手の「健理三針区」を空いた手の親指で強めに刺激しましょう。

冷えに効くツボ「三陰交(さんいんこう)」

ここ最近はだいぶ暖かくなって満員電車などに乗っていると汗ばむほどですが、夜はまだやはり少し冷えます。
夜のお花見で冷たい風に吹かれて体調を崩してしまうこともあるかもしれません。
そんなときに効果的なのが、「三陰交」を刺激するツボマッサージです。

三陰交は足の内側にあります。くるぶしから10~15センチ上、指の幅4本分です。
すねの骨と筋肉の間をグーッと押して「イタ気持ちいい」くらいがベスト。あぐらをかいた状態でできるので、ブルーシートを敷いて楽しむお花見宴会のさなかにも、さりげなくマッサージできるでしょう。

宴会の翌日がお休みでゆっくり時間がとれるという方には、楽庵のサービスもおすすめです。
当店自慢の「リラクゼーションボディケア」「アロマトリートメント」といったコースをご利用いただくことで、前夜の冷えで崩れかけた体調のバランスを整えることができます。
晴れた日には空が澄み、柔らかな風に桜の花がはらはら散り、新緑が萌えて1年でいちばん美しく生気にあふれた風景が見られる春。気持ちよく過ごすために、ぜひご活用ください!

出張マッサージ対応エリア

大阪市  無料

  • 北区 /
  • 都島区 /
  • 福島区 /
  • 此花区 /
  • 中央区 /
  • 西区 /
  • 港区 /
  • 大正区 /
  • 天王寺区 /
  • 浪速区 /
  • 西淀川区 /
  • 淀川区 /
  • 東淀川区 /
  • 東成区 /
  • 生野区 /
  • 旭区 /
  • 城東区 /
  • 鶴見区 /
  • 阿倍野区 /
  • 住之江区 /
  • 住吉区 /
  • 東住吉区 /
  • 平野区 /
  • 西成区

堺市  無料

  • 中区
  • 東区
  • 西区
  • 南区
  • 北区
  • 美原区

東大阪市  無料

豊中市  無料

吹田市  無料

スタッフブログ
求人情報