スタッフブログ|楽庵(らくあん)は出張専門のマッサージサロンです。

節分に「福」を迎えましょう!名前に「鬼」が付くツボを紹介

2018年01月31日

今週末の2/3(土)は節分です。
「そろそろ冬が終わりに向かう今、邪気を払って幸せな春を迎えようじゃありませんか」という思いがこめられた行事が行われる日で、その起源は古く平安時代にさかのぼるといわれています。
最近では「恵方=おめでたい方角」を向いて巻き寿司を食べる「恵方巻き」が一般化しつつありますが、「鬼は外!福は内!」と声を上げつつ豆をまくのが由緒ある節分の過ごし方です。
家の豆まきで鬼の役を演じるために、お面を作っているお父さんも多いのではないでしょうか。

今回は、そんな節分にちなんで名前に「鬼」が付くツボを紹介したいと思います。
古くから「災いをもたらすもの」とされて、豆をまかれて追い払われたり昔話では悪者に仕立てられたりしている鬼ですが、この字が名前に含まれているツボには心身の健康を保つ効果があるとされています。

風邪に効く「鬼哭(きこく)」

別名「小商(しょうしょう)」とも呼ばれているツボで、両手の親指に位置しています。手のひらをぴったり合わせたときにくっつく爪の付け根の部分にあたります。
東洋医学の世界では、鬼哭は肺を中心とする呼吸器系の末端にあたるツボとされていて、ここを刺激することで風邪を引いたときのつらい咳、喉の痛みなどをやわらげることができると考えられています。
爪楊枝や竹串を使ってピンポイントでつつくことで、刺激することができます。

頭痛・ストレスを解消する「鬼門(きもん)」

別名「百会(ひゃくえ)」とも呼ばれる鬼門は、頭頂部に位置するツボです。
耳と耳をつないだ線の真ん中にあたる部分で、優しく刺激することで頭痛やめまいなどを解消し、ストレスを和らげる効果もあるとされています。
頭部にはさまざまなツボがありますが、特に鬼門は心と体をめぐる気が集まるツボであり、刺激することで気の混乱をおさめ、心身の調和をもたらすという考え方が東洋医学にあります。
ただし、頭頂部は人体の急所でもあるので、あくまでも優しく刺激してあげるのがコツです。

ちなみに楽庵では、全身を揉みほぐして心身の負荷をやわらげる「リラクゼーションボディケア」や、ストレス解消に最適な癒し成分をたっぷり含んだアロマオイルを使う「オイルトリートメント」などのコースをご用意しています。
また、オプションの「フェイシャル&ヘッドスパ」では鬼門も含め頭部に集中しているさまざまなツボを刺激して、より高いリラクゼーション効果をもたらします。
春に向けて「福」を迎えるために、ぜひご利用ください!

出張マッサージ対応エリア

大阪市  無料

  • 北区 /
  • 都島区 /
  • 福島区 /
  • 此花区 /
  • 中央区 /
  • 西区 /
  • 港区 /
  • 大正区 /
  • 天王寺区 /
  • 浪速区 /
  • 西淀川区 /
  • 淀川区 /
  • 東淀川区 /
  • 東成区 /
  • 生野区 /
  • 旭区 /
  • 城東区 /
  • 鶴見区 /
  • 阿倍野区 /
  • 住之江区 /
  • 住吉区 /
  • 東住吉区 /
  • 平野区 /
  • 西成区

堺市  無料

  • 中区
  • 東区
  • 西区
  • 南区
  • 北区
  • 美原区

東大阪市  無料

豊中市  無料

吹田市  無料

スタッフブログ
求人情報