スタッフブログ|楽庵(らくあん)は出張専門のマッサージサロンです。

インフルエンザの季節におすすめ!予防効果があるツボマッサージ

2018年01月17日

今回のテーマは、この季節になると猛威をふるう厄介な病気、インフルエンザを予防するためのマッサージ。
ウイルスが体内で増殖することで発熱や頭痛、咳や関節痛といった風邪に似た(しかしはるかに強い)症状に苦しめられるインフルエンザは、毎年1~3月にピークを迎えます。厚生労働省では、今シーズンは特に今月末から2月にかけてピークに達するだろうと予想しているようです。実際、今月最初の週から大阪をはじめ西日本で患者数が増えていることもあって注意が必要です。
こまめに手洗いやうがいをして、人ごみの中に行くときはマスクを着けて、予防に努めましょう。
また、今回紹介するマッサージをしてみるのもおすすめ。予防に効果的なツボを刺激するマッサージです。

免疫力を高めるツボ「兪府(ゆふ)」

インフルエンザ予防に効果的なツボのひとつは、「兪府」と呼ばれるものです。鎖骨のすぐ下にあるくぼみの部分で、指先を使って10回ほど強めに刺激することで体の免疫力を高めます。具体的には、リンパ球と呼ばれる免疫細胞の生成を促す効果があります。
体内に侵入してくるウイルスを排除する働きがあるリンパ球は、冬に減少しがちです。寒さのために血行やリンパの流れが滞ること、リンパ球を生成する神経のバランスが崩れることが原因であるといわれています。
最近は大阪も少し暖かくなりましたが、気象庁の発表によると1月20日あたりから再びぐっと冷え込むようです。しっかり免疫をつけてインフルエンザに負けない体を作りましょう。

「衛気(えき)」を高めるツボ「大椎(だいつい)」

古代のアジアで生まれた東洋医学の世界では、「気」が重要なキーワード。人の心と体を司る生命の源であり、気が充実しているとき、私たちは心身ともに健康に暮らすことができると考えられています。
特に体を守る防衛の働きがある気は「衛気」と呼ばれているもので、インフルエンザが猛威をふるう今、この衛気を高めるツボを刺激するマッサージが効果的といえます。
「大椎」と呼ばれるそのツボは、首の後ろに位置しています。ちょうど第七頸椎と第一胸椎の間、首と背中の境目にあるくぼみが「大椎」です。指で押すマッサージも効果的ですが、「場所がわかりにくい」「背面なので押しにくい」という方には蒸しタオルやドライヤーであたためるという方法もおすすめです。

ちなみに、楽庵では全身をくまなく揉みほぐすことでコリを解消しつつ血行を促進させる「リラクゼーションボディケア」、免疫力低下の原因になるストレスをやわらげるアロマオイルを使った「オイルトリートメント」のコースをご用意しています。
健康に冬を乗り切るために、こちらもぜひご利用ください!

出張マッサージ対応エリア

大阪市  無料

  • 北区 /
  • 都島区 /
  • 福島区 /
  • 此花区 /
  • 中央区 /
  • 西区 /
  • 港区 /
  • 大正区 /
  • 天王寺区 /
  • 浪速区 /
  • 西淀川区 /
  • 淀川区 /
  • 東淀川区 /
  • 東成区 /
  • 生野区 /
  • 旭区 /
  • 城東区 /
  • 鶴見区 /
  • 阿倍野区 /
  • 住之江区 /
  • 住吉区 /
  • 東住吉区 /
  • 平野区 /
  • 西成区

堺市  無料

  • 中区
  • 東区
  • 西区
  • 南区
  • 北区
  • 美原区

東大阪市  無料

豊中市  無料

吹田市  無料

スタッフブログ
求人情報