スタッフブログ|楽庵(らくあん)は出張専門のマッサージサロンです。

忘年会シーズン到来!肝臓をツボマッサージで労わりましょう

2017年12月06日

月日は巡って、今年も1年の締めくくりの12月に突入しました。
お仕事が忙しくなる方が多いのではないかと思いますが、体を温めるためにエネルギー消費量が増えるこの時期は疲労がたまりやすいシーズン。
楽庵では、本格的なリラクゼーションマッサージをご自宅で気軽に受けることができる出張サービスを提供しています。「疲れがたまってきたな」というときには、ぜひご利用ください!

さて、12月は「忘年会シーズン」でもあります。
職場の仲間や友達同士で1年を振り返りつつお酒を酌み交わして楽しく過ごす、そんな機会が増えることと思いますが、同時にこの季節は肝臓を酷使してしまいがちです。
ご存じのように、肝臓はアルコールを分解して無害化したり、食物から取り込んだタンパク質、脂肪などをエネルギーに変換したりといった働きを持つ臓器。次から次へと開催される忘年会でアルコールや食物を摂取する今の時期、肝臓は限界ギリギリのところでフル稼働してしまうことになります。
肝臓が酷使されて機能が低下すると、疲労が取れにくくなったり二日酔いから回復しづらくなったりといった体調不良があらわれます。

今回紹介するのは、そんな肝臓を刺激するツボマッサージ。
弱りかけているところを元気にして、機能を高める効果があるマッサージです。

肝臓に効くツボは主に2ヶ所!

肝臓を労わり、その機能を高める効果があるツボは主に2ヶ所。手と足に見いだすことができます。

手のツボ「労宮(ろうきゅう)」

労宮は手のひらにあるツボ。肝機能を高める効果のほか、精神的なイライラをやわらげる効果もあるとされています。手のひらの中央部、ちょうど握りこぶしをつくったときに中指が当たるところが労宮。グッと手を握りこむだけでも刺激することができます。
「グーパー」の動作を何度かくり返すだけで効果があるので、お仕事の合間に、テレビを見ながら……さまざまなタイミングでマッサージできるのもポイントです。

足のツボ「曲泉(きょくせん)」

曲泉は、ひざの内側にあるツボ。肝機能をアップさせる効果のほか、血流やリンパの流れをスムーズにする効果もあるとされており、足のむくみも解消することができます。
曲泉は、正座したときにひざの折り目にできるシワの先端部分にあります。3~4秒ぐーっと指を押し込むようにして刺激すると効果的です。

労宮、曲泉のほかにも、背中の肩甲骨の下にある「肝兪(かんゆ)」や足の親指、人さし指の間にある「行間(こうかん)」といったツボが肝機能アップに効果的といわれています。
今年1年を健康に締めくくるために、ぜひ参考にしてみてください!

出張マッサージ対応エリア

大阪市  無料

  • 北区 /
  • 都島区 /
  • 福島区 /
  • 此花区 /
  • 中央区 /
  • 西区 /
  • 港区 /
  • 大正区 /
  • 天王寺区 /
  • 浪速区 /
  • 西淀川区 /
  • 淀川区 /
  • 東淀川区 /
  • 東成区 /
  • 生野区 /
  • 旭区 /
  • 城東区 /
  • 鶴見区 /
  • 阿倍野区 /
  • 住之江区 /
  • 住吉区 /
  • 東住吉区 /
  • 平野区 /
  • 西成区

堺市  無料

  • 中区
  • 東区
  • 西区
  • 南区
  • 北区
  • 美原区

東大阪市  無料

豊中市  無料

吹田市  無料

スタッフブログ
求人情報