スタッフブログ|楽庵(らくあん)は出張専門のマッサージサロンです。

マッサージの歴史

2017年08月09日

ご自宅やホテルの部屋で癒しのひとときを過ごすことができる、楽庵の出張マッサージ……。
今回はちょっと施術の効果云々を離れて、
「そもそもマッサージって何?どこから来たものなの?」
ということについて取り上げてみたいと思います。

古代のマッサージ

マッサージ。
英語で書くと「Massage」ですが、その語源はギリシャ語の「Massein(揉む)」やアラビア語の「Massa(触る)」にあるといわれています。
西暦が始まる何千年も前から古代ギリシャやアラブの国々、そして古代中国やインドなどでは、人の手で撫でさすったり揉んだりすることで体の不調を解消するということが、医療の一環として行われていました。
摩擦で体を温めたり、血流を良くしたりすることで不調を解消する……そのような「手当て」が行われてきたのです。
古代ギリシャの医師で、合理性を重んじる西洋医学の祖といわれるヒポクラテスはマッサージを重視して弟子に伝えた、という伝承があります。
また、古代中国の神話にも登場する皇帝であり、東洋医学の祖である黄帝がまとめた『黄帝内経』という本にも、マッサージについての記述があるようです。

このように古くからおこなわれてきた「手当て」が現代につながる「マッサージ」として認知されるようになったきっかけは、16世紀にフランスで「マサージュ(Massage)」としてまとめられ、論文が発表されたこと。
昔から行われてきた「手当て」によってさまざまな効果が得られることを明らかにした画期的な論文でした。

近世~現代のマッサージ

近世のフランスで生まれた「Massage」は海をこえ、時代をこえて現代の「マッサージ」につながっていきます。
日本には明治時代に伝わり、日本古来の「あんま」と融合しました。
その後、医療効果よりも癒し効果を重視した「リラクゼーションマッサージ」が生まれ、古来さまざまな文明で使われてきた「植物の精油=アロマオイル」と融合させた「アロマトリートメント」の技術も発展しました。

古代のタイやインドで独自の技術として確立された「タイ式マッサージ」「アーユルヴェーダ」を現代風にアレンジした施術を行うサロンも増え、現在では多様なマッサージを受けることができるようになっています。
当店でも、リラクゼーションマッサージやオイルトリートメント、そしてタイ式マッサージを提供しています。

このように、紀元前から脈々と受け継がれ、現代的なアレンジも加えられたマッサージ……。
長い時間をかけて磨きあげられた、人類の知恵と技術の結晶なのです!

出張マッサージ対応エリア

大阪市  無料

  • 北区 /
  • 都島区 /
  • 福島区 /
  • 此花区 /
  • 中央区 /
  • 西区 /
  • 港区 /
  • 大正区 /
  • 天王寺区 /
  • 浪速区 /
  • 西淀川区 /
  • 淀川区 /
  • 東淀川区 /
  • 東成区 /
  • 生野区 /
  • 旭区 /
  • 城東区 /
  • 鶴見区 /
  • 阿倍野区 /
  • 住之江区 /
  • 住吉区 /
  • 東住吉区 /
  • 平野区 /
  • 西成区

堺市  無料

  • 中区
  • 東区
  • 西区
  • 南区
  • 北区
  • 美原区

東大阪市  無料

豊中市  無料

吹田市  無料

スタッフブログ
求人情報